HOME>ごあいさつ

ごあいさつ

会長挨拶


会長 阿部達彦
 令和2年5月に開催した第9回定時総会は新型コロナウィルス感染症の感染拡大防止を考慮して、短時間で終了し新年度が始まりました。
 全国では4月、5月にかけてコロナ緊急事態宣言の決行に伴い東京オリンピック開催延期またイベント・スポーツ関係の延期、中止などが増え続けています。
 法人会活動も中央では今年度の全国大会、全国青年の集い、全国女性フォーラムの中止が決定されました。
 当会においても、当初は令和元年度の活動をベースとして新年度も活動継続をめざしていましたが、今日の状況を鑑み8月開催の理事会で例年実施していた本部主催の決算事務説明会、法人会講演会の中止を決定しました。
 また、小学6年生を対象にした租税教室については、開催可能か否か税務署を中心に各学校と調整中です。
 このように今年度は「税知識普及に関する事業」が十分にできない中で、新たな社会貢献活動として小、中学校へ「横断中」の黄色い旗、関係団体等へ図書やコロナ感染防止グッズ等の贈呈事業などを検討しています。
 各委員会・支部事業においても、コロナ対策を行いながら実施可能な事業の推進を行い、あわせて会員増強や福利厚生事業推進に取り組んで参ります。
 最後に法人会ののぼり旗『一歩、一歩あさくら』を目にされましたら九州北部豪雨災害、新型コロナウイルスの影響も乗り越えていく願いを込めた復旧・復興のメッセージとしてご理解頂ければ幸いです。本年度も会員の皆様並びに関係者の方々のご支援、ご協力を賜れるよう頑張って参りますので宜しくお願い申し上げます。


(令和2年10月 広報誌あいさつ)