HOME>ごあいさつ

ごあいさつ

会長挨拶


会長 阿部達彦
 昨年、日本に発生した新型コロナウィルスは更に猛威を振るい、本日の総会を迎えるまでに3回目の緊急事態宣言を受けました。
 本総会開催は昨年も緊急事態宣言中であり、延期している東京オリンピックの開催はコロナワクチン接種者の少ない対応のなかIOCから緊急事態宣言中であっても開催の発言により不安視した状況になっています。朝倉市の行事関係も昨年に続き中止並びに延期を余儀なくされ、この緊急事態宣言を重く見ざるを得ないほど日々感染者の増加が絶えなくなっています。
 現在、頼みの綱はコロナワクチン接種による安全確保と自己免疫を高める防御となっており、特に自己免疫力UPには日常生活における食事、睡眠、ストレスを貯めないなどが上げられます。
 免疫にはウィルスを未然に防ぐ「防御免疫」感染した後に重症化を防ぐ「攻撃免疫」があり自己免疫を高めることは大事な要素になっています。
 さて甘木朝倉法人会のコロナ禍影響で止む無く中止した事業内容を申し上げますと決算事務説明会、リスクマネジメントセミナー、緑のカーテン設置、経営講演会、支部新春講演会、まちづくり講演会、税務研修会、税の絵はがきコンクール、学童保育所租税教室などになっています。
 取組んだ事業は法律無料相談、税の作文表彰、租税教室、飛び出し人形・防犯ブザー贈呈、1日人間ドッグ受診料助成、図書の寄贈、プランター配布等になりました。
 本年度は公益社団法人10周年を迎えますので、この現状を乗り越えて委員会、支部事業を充実していけるよう頑張って参ります。
 今期も法人会のぼり旗『一歩、一歩あさくら』を目にされましたら復旧・復興・コロナ終息のメッセージとしてご理解頂き会員の皆様並びに関係者の方々のご支援、ご協力を宜しくお願い申し上げます。



(令和3年5月27日 第10回定時総会あいさつ)